【転職】20代の転職回数の平均は?【何回まで大丈夫?】

<strong>20代</strong>
20代

転職ってみんなどれくらいしてるの?

自分も転職を考えているんだけど一般的に見て多いのか不安です。

本記事ではそんな方のお悩みを解決いたします。

本記事のテーマ
  • 20代の転職回数の平均をご紹介。
  • 何回まで大丈夫か?人事担当経験談から語ります。

20代の転職回数の平均とは?

転職をしたいときにまず気になるのが自分の転職回数。

「20代」という若さで転職は何回まで許されるのか。同世代の人たちは何回くらい転職しているのか。

それでは早速本題に入ります。

20代の平均は「約0.9回」

Webメディア「ミドルの転職」が退職についてのアンケートを2014年に2731名を対象に行ないました。

こちらのデータをもとに平均を計算すると1人当たり「約0.9回」になります。

5回以上の人は5回とカウントしているので実態はもう少し多いことがわかります。

あれ少ないな…と感じるかと思いますが、データの見方次第です。

2回以上転職している人は24%

転職2回以上=3社以上の会社を経験している人

先ほどのアンケートからは全体の24%、およそ4人に1人が2回以上転職しているということになります。

つまり2回以上転職している人は一般的によくいるレベルということです。

意外と皆さん転職をしていることがわかりますね。

3回以上転職している人は10%

転職3回以上=4社以上の会社を経験している人

こちらは全体の10%、およそ10人に1人が3回以上転職しているということになります。

20代という10年間の間に4社以上の会社を経験する人も案外多くの人がいることがわかりますね。

何回まで大丈夫?20代の転職はまだまだセーフ

20代はまだまだ失敗できる

近年はブラック企業という言葉も定着したように「今の会社よりもより良い環境で働きたいという思い」は企業の人事担当者でさえも経験したことがある思いです。

「自分の力を他の所でも試したい」という20代特有の向上心がある時期は転職が多くて当たり前です。むしろ30代からは転職が難しくなるため、20代のうちに早めに動いた方が良いです。

前向きの転職は「自分の将来をよりしっかりした所で安定させたい」という気持ちの表れです。言い換えればそれほど将来のことを考えているという点では人事担当者目線で見ると「将来の設計が出来ている」と評価に値することもしばしばです。

転職の求人が多い20代のうちに色々と動くことは何も悪い事ではありません。

人事担当者から見た転職の良い点

20代の自分はまだまだ大丈夫。というのはご理解いただけたかと思いますが

では20代の転職は人事担当者の目線ではどうみられるか。実際の体験談からまとめました。

人事担当者からみた20代の転職の良い点

メリット
  • 視野が広がる
  • 経験値が高くなる
  • 人間関係が広がる
  • 行動力がある
  • 向上心がある

人事担当者からみた20代の転職の悪い点

デメリット
  • 忍耐力がないと思われやすい
  • マネジメント経験が少ない

20代の転職で登録した方がよい転職サイトは?

20代の転職でまず登録した方が良いのが“>20代専門の就職サポート『ウズキャリ』です。

他サイトよりも良い点としては

・企業にアピールしてくれるので既卒・フリーターの内定率83%以上

・キャリアカウンセラー全員が元既卒・第二新卒なので他エージェントでよくある強要がない

・厳しい審査基準でブラック企業を徹底排除

無料で使えますし、登録も簡単です。20代の転職にマストなサイトです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました